おかねのお話 外貨

みなさまこんにちは!
三八地区ではインフルエンザにかかってしまわれてる方がいらっしゃるそうです。
雪のある時期に猛威をふるうイメージですがまだ油断はできませんので予防策はキッチリして過ごしましょうね☆

 

さて今回は『外貨』についてお話ししたいと思います。

今年4月にマイナス金利の影響で
■保険料の利回りの改定
■保険料の値上げ
が行われました。

銀行金利が最低の今、保険商品までも1%の金利を切りました。

そんな中、高い金利を保っているのが外貨商品です。
保険会社により1%~3%とバラつきはあります。
とはいえ魅力がたくさんあります。

外貨は怖いというイメージを持たれる方も多いかと思いますが「リスク」と「リターン」を知れば上手に利用する価値はあります。

現在はUSドル、オーストラリアドルが主流です。
みなさんもテレビなどで目にした、耳にしたことがあると思いますが、『1ドルいくら』という値動きが毎日出ています。
この為替こそ外貨商品の怖い部分である「リスク」になります。

ただし為替は上下しますので「為替損」もあれば「為替益」もあります。

高い金利の力で為替の損を埋めることができたり、為替で利益が出てもっと増えたりする可能性もあります。

自分の視野を広げてみてメリット・デメリットを知って、少し運用してみることもこれからの時代は必要なのかもしれないですね。

次回はドルコスト平均法のお話です。
投資には一定の時間が必要です。
時間をどれだけかけられるか
といったことも大切になってきます。

次回は5月30日更新予定です☆
暖かくなってきたとはいえ、まだまだ朝晩は冷え込みますので
就寝の際はあったかくしてお休みになってくださいませ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

ガン最前線

次の記事

おかねのお話 外貨②